ブログ, 旅行

台湾で中国式茶体験

現地ガイドさんが

案内する免税店の

お茶屋さんではなく、

優美な雰囲気の中で

中国式お茶

を体験したい!

 

わかります・・・その気持ち。

さて、どこに行きましょうか?

以前、九份に行った際に立ち寄ったお茶屋さんも

素敵でしたが、台北近郊で行きたい!

今回の旅のお供に連れて行ったガイドブック

「Taiwan guide 24H」【 http://amzn.to/2C8YvXc 】

に掲載されていた

逸馨園書香茶坊

(イーシンユェンシューシャンチャーファン)

【 https://allabout.co.jp/gm/gc/79824/ 】

を訪ねることにしました。

約600坪の敷地に立てられた

中国の伝統的な建築が有名とのこと

ちょうど、

パイナップルケーキの小潘蛋糕坊さん(板橋駅)

に来ていたので立地的にはちょうどよかったです。

【アクセス】

地下鉄(MRT:板南線)府中駅⇒徒歩で10~15分程度

所在地:板橋市南雅東路45號

「ここは夜市が開かれる場所なんだろうねぇ~」

と話しながら道を進むと・・・

お店を発見!!

思い切ってお店に入ってみると、

親切な店員さんが「食事?お茶だけ?」と

尋ねてくれました。

お茶だけと話すと笑顔で店内へ・・・

 

スポンサーリンク

 

雰囲気あります・・・。

ちゃんと日本語も書いてくれています。

1人お湯代(100元)+茶葉代

をお支払いするシステムになっております。

※1人最低でも200元程度は注文する必要があります。

我々はもちろん烏龍茶をチョイスいたしました。

お湯と共に茶器と茶葉が運ばれてまいりました。

4人分のお湯ですが、結構な重量感でした。

恐らく、この後1回だけは店員さんが

お茶を入れてくださると思うのですが

店員さんとのやり取りが上手にできなかったので

自分たちでガイドブックを

片手にお茶を入れてみることにしました。

なんとか様になってます(笑)。

日本の茶葉と比べると葉がすごく大きいですよね。

一緒に注文したお茶菓子も

想像していたより甘味あっさりで

大変美味しくいただきました。

窓から見える景色も優美で大満足。

歩いて疲れた脚も癒されました・・・。

お会計を済ませて帰ろうとすると、

店員さんがジェスチャー交じりの英語で

お庭を一周しても良いと言ってくれています。

ラッキ~!!

夜市がおこなわれる場所のすぐ近くにあるとは

思えないぐらい静かな雰囲気のお店でした。

優美な敷地の中で頂くお茶は

また格別・・・・。

台北中心地より少し離れてはいますが、

地下鉄(MRT)だとあっという間です。