ブログ, 世界の片隅でつぶやく

母親をファッションインフルエンサーにしたい!(1)

アラセブ正社員としてファッション業界で

販売・ショップ内装・ファッションコーディネート等をしてきた母親

そんな母親が遂にリタイアすることになった。

 

娘としては、可能な限り社会と接点を持ち続けていてもらいたいと考え

アラセブ正社員を支援してきた。

しかし、どれくらいの日々かは「神のみぞ知る」ではあるが、

大苦戦を強いられているファッション業界を乗り越えるだけでなく

楽しい時間も過ごしてほしいと考えるようになった。

しかし、30年以上も働き続けてきた母がリタイアしたら??

一抹の不安を感じた娘は、仕事に代わる何かを母に見つけてあげたいと

考えるようになった。

スポンサーリンク

母の得意分野はとにかくファッション

ショップや部屋を装飾するのも得意なようだ。

このアパレル販売が難しい時期にも関わらず、なぜか売る・・・。

バブル期は某ブランドメーカーのような価格ではない中で

1店舗で億単位販売した実績を持つ。

以前はアラカン(55~64歳)ながらも

20代後半の娘のファッションアドバイザーになってくれた。

また、太目な女性へのアドバイスが異様に得意だ。

それは自分自身と娘が大きく影響しているかもしれない。

過去に母親に勧められて嫌々試着したパンツが

素晴らしくフィットしていて

私の巨大なお尻をすっきり見せてくれている姿を

鏡で見たときは・・・泣きそうになった。

2万円近くするパンツを色違いで2着買ったことを

いまでも鮮明に覚えている。

また、仕事ながらもおしゃれが苦手で控えめになっている人に

ファッションの楽しさを感じてもらうような

お手伝いをするのが好きなようだ。

 

親バカといわれてしまうかもしれないが、

とにかく、娘はそんな母親の感性や感覚が

このまま高齢という波にのまれてしまうのは

もったいないと感じている。

ちなみに、娘のファッションセンスは皆無。

無駄なあがきかもしれないが、

娘はあがいてみよう!

「母をファッションインフルエンサーにしたい!」

いざ、始動です!

#アラセブ #サードステージ #楽しい老後 #ファッション

#インフルエンサー #チャレンジ

#いくつになってもファッションは楽しい