ブログ, 旅行

オランダ旅行記in2019 キンデルダイク(1)

 

キンデルダイクに行くためには水上バスが便利!

 

 

 

 

 

 

 

オランダといえば?

チューリップ・チーム・ミッフィー等など

勝手な想像で恐縮ですが、豊かでのんびりとした印象があります。

オランダの代表的な建造物として、

風車

があげられると思います。

風車で有名なキンデルダイクに行ってきましたので、備忘録です。

スポンサーリンク

キンデルダイク(Kinderdijk)

ユネスコ世界遺産にも登録されているそうです。

行き方はいろいろあると思いますが、

今回はロッテルダムから水上バスに乗って、いざキンデルダイクへ!

ロッテルダムのフェリーターミナル(Erasmsbrug)は

ロッテルダムのセントラルステーションから

トラムで15分程度のところにあります。

水上バスには

キンデルダイク行の直通便(Line202)が期間限定であります。https://www.waterbus.nl/

期間は7月後半から10月30日(2019年)まででした。

10月中に旅行される方は事前にチェックが必要のようです。

本数は約2時間に1便程度といった印象です。

所要時間は約30分です。

行き方としてLine20という乗り継ぎでキンデルダイクに行く方法もありますが

我々は不慣れな旅行者なので、直通便を選択しました。

費用は片道€4です。

しかし!OV-chipkaartを使うと更にお安くなります!

※正確な金額は忘れましたが、€3.8程度だったと思います。

水上バス利用時の諸注意ですが、

スタッフの方もとても親切です。

道中、不安なことは一切ありませんでした。

しかし、行きと帰りの時間を考慮して乗車することをお勧めします。

日本では公共機関を含めた交通は定刻運航(遅延することはあったとしても)

が当たり前ですが、出発時間が5分程度であれば早まることもあるようです。

なぜなら・・・

私たちが利用した際、ロッテルダム行の最終便の出発時間が5分早まりました。

恐らく、それを知らなかったと思われる

20代ぐらいの1人の女性(自転車で来ていたようです)。

時刻表としてはぎりぎりセーフだったはずなのに、

乗れず、目の前で水上バスを見送ることになってしまっていました。

無情にも水上バスは女性をポツンと残して

出発してしまいました・・・・。

言葉は通じませんが、「えっ?本当に?なんで?」と思っているであろう姿と

表情を思い出すと・・・胸が痛みます。

どうにかして戻ったと思いますが・・・・。

 

さらっと話しましたが、

自転車を持ち込むことは可能です。